スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント「学んで鍛える骨盤底筋講座」のご報告

先日6月24日(金)、健生会 健康体操ローレス(金)教室において、
無料特別レッスン「学んで鍛える骨盤底筋講座」を開催しました。

当日は、大雨という悪天候にもかかわらず、
総勢26名の方々にお越しいただきました。


川村先生①


今回のテーマは、骨盤底筋ということで、
講座の前半は、実際に骨盤の模型を見ていただきながら、
骨盤底筋群の構造や働きについて学んでいただきました。



川村先生③


後半は、エクササイズ前のセルフモニタリングからスタートし、ゴルフボールやタオルを使用しながら、
時には歌を歌ったりして、骨盤底筋群と呼吸を連動させたエクササイズをご紹介させていただきました。



川村先生②



エクササイズ終了後は、再度セルフモニタリングをし、手足の動き易さ、姿勢の改善、ウエストの減少を
体感していただきました。ウエスト減には、喜びの声が聞こえてきました。



レッスン中、外は激しい雨が降っていましたが、会場内は終始和やかな雰囲気のなかで、
レッスンをさせていただくことができ、心から感謝しております。
またお忙しいところご協力いただきました中村先生、竹内先生ありがとうございました。



今回のイベントを通して、さらに健康の大切さを見つめていただける機会になれば
とても嬉しく思います。



2025年には、約800万人と言われる団塊の世代(1947年~49年生まれ)が75歳(後期高齢者)を迎えます。
現在、1500万人程度の後期高齢者人口が約2200万人に膨れ上がり、全人口の4人に1人が後期高齢者という
超高齢化社会が到来しようとしています。

医療費も40兆円を突破しました。

こうした社会環境の変化のなかで、
「自分の体は自分で守る」という意識がより大切になってきたように感じます。


ぜひ、豊かで幸せな人生を謳歌するために、
一緒に健康体操をはじめてみませんか?


健康の喜びを仲間とともに。。。


(川村 建代)










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。